アクティ大門屋株式会社 公式オンラインショップ
[読み聞かせ絵本と張り子 ]



〜幼児期に吸収することの大切さ。日本の伝統や柔らかな手作りの世界を子供達に伝えたい〜
お子様の成長と健康を祈願した「民芸張り子」と一緒に楽しめる「絵本」をセットにしました。
お祝い・贈答品にもオススメです。

○鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。
その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。





○お話の中のキャラクターが民芸張り子に。触って、飾って楽しめます。(画像クリックで商品ページへ)
BOOKケースタイプの箱に仕舞って本棚に気軽においておけます。




○BOOKケースを台座がわりに飾ることもできます。(画像クリックで商品ページへ)
お話の中に出てくるキャラクターを自由に飾って楽しめます。




[モニターユーザー様 ご感想 ]

〜7歳の上の子が音読するのを、4歳の下の子が横で聞いているスタイルのようです。
「いい話でかんどうしたー」「けどながいお話だね〜」と二人。
張り子は二人ともカワイイとお気に入りで、「五月に飾る〜」とはりきっています。〜